高価すぎと言われるアーロンチェアの座り心地と付き合い方

ワーク用の椅子の中では、高いと評判のアーロンチェアですが、押しも押されぬハーマンミラーの代表的なベストセラー! 人気の理由や賢い使い方を実際に使用している管理人がお届けします。

新アーロンチェアのリマスタードは別物?

f:id:mitsuru-5995:20170622205633j:plain

 

アメリカ国内で先行販売されていた次世代アーロンチェア

 

 その名も

  
  リマスタード 

 

マスタード? 

インテリア製品ではあまり聞き慣れない
表現ですが、リメイク(リモデル)と違い
新しく作ったという意味合いが強いようですね


つまり細部のパーツに至るまで作り変えて
誕生させたということです

 

もちろん全体のデザイン(フォルム)や
アーロンチェアが独特の魅力は変わりませんので
ファンの方は安心してください・・。


ところで
 

当初情報不足だったリマスタード
日本の各代理店は在庫も整いつつあるようです

 

当面の間 初代をクラッシックとして
一緒に販売(併売)していくそうなので
実店舗では試座などを通して比較しやすいのは
ありがたいのですが・・


なにせ! 

もともと種類の多いアーロンチェア
ますます選ぶのが大変という声が聞こえてきそうです

そこで・・

私の事務所でも追加で買う予定ですので
すこし情報を整理しておきたいと思います

 

マスタードはクラッシクに対して


どこが共通していてどこが変わったのか?


そして・・

購入時に必要な選択部分のポイントなどを
数回に分けて記事にしたいと思いますので
これから買う予定がある方の参考にして
いただけたらと思います。

 

まず気になる価格ですが


[クラッシック]と[リマスタード


平均的なタイプで比較すると

 

およそ40,000円アップしていました”

 

[クラッシック]価格  146,880円(税込)
[リマスタード]価格  186,840円(税込)


いずれもミディアムサイズ(B)
ポスチャーフィット

 

※参考元 ハーマンミラージャパンショールーム

 

正直・・40000円UPかあ~と思いましたが

 

 

まあ・・20年ぶりに部品から生地素材まで
総入れ替えしたので仕方ない?

漠然と自分を納得をさせても無意味なので

今回進化した内容をしっかり見ていきましょう!

 


同じサイズ同じ仕様設定でも

 


一見すると少し大きく見えるリマスタード


※実際に昇降用のガス圧シリンダーが
大きくなった為に3cmほど高いそう

 

 

f:id:mitsuru-5995:20170622210150j:plain

 

 

 

では機能面はどうなのか?

 

 

ハーマンミラージャパンのSHOWROOMで尋ねたところ


●[ポスチャーフィット]機能

●[張り生地]の素材と性能

 

この2点が特に進化したとのことです

 


ポスチャーフィットといえばアーロンチェア
代表的な機能で私のような腰痛持ちも
大変ありがたくお世話になっているのですが

 


早速

マスタードに試座したところ

腰回りのサポート範囲が広がっている事が
直ぐにわかりました!


クラッシックのポスチャーフィットは
仙骨付近のサポートが中心だったのですが
マスタードでは腰椎あたりまで広がっています

 

f:id:mitsuru-5995:20170622210842p:plain

 

腰に問題を抱えてる人はとても安心感が
持てると思います

 

 

次に

今回大きく進化したと言われる

[張り生地]の素材について


身体に接し座り心地にも大きく影響する張り生地

 

アーロンチェア独自のメッシュ生地(ペリクル)
優れた弾力性と通気性で知られています

 

クラッシックでは

ペリクルがクラシックカーボン・ウェーブ・タキシードの
3つのパターンがありバリエーションを持たせていました

 

 

f:id:mitsuru-5995:20170622211044j:plain

 

これに対して

マスタードでは、ペリクルのパターンが1つになり
[8Zペリクル]と名付けられています


この[8Zペリクル]がとても優れもの

 

クラッシックでは、ペリクル(生地)は背面・座面
それぞれに1枚を張ったのに対し

 


マスタードでは、背面と座面がそれぞれ
4つのゾーンにわかれていて、変化のある弾力で
腰・お尻・背中のフィット感がさらに増してました

 

 

f:id:mitsuru-5995:20170622210354p:plain

 

 

画像:→アーロンチェアの庄文堂ウエブサイトより  

 

座面・背面それぞれ4つのゾーン

1:硬め(サポート) 
2:柔らかい 
3:安定       
4:硬い(サポート)


このゾーン化のおかげでしょうか?


試座した時は、[お尻]がベストな定位置に
自然に誘導される感じでした・・


新ポスチャーフィットとこの8zペリクル
とても相性が良く計算された機能だと思います


椅子のロールスロイスと評され、クラッシックの魅力を引き継いだ
マスタードにはさらに進化した操作性や仕様があるようなので

次回にレポートを続けたいと思います

 

 

レポート資料出典元 アーロンチェアの庄文堂ウエブサイトより  

 

 

 

アーロンチェアの仕様や最新情報はコチラからもご覧になれます
※注)Amazon楽天のショップでは必ず正規代理店を選んでください

  ↓ ↓ ↓ 

アーロンチェア楽天サイト

アーロンチェアAmazon販売サイト

正規代理店の老舗 庄文堂