高価すぎと言われるアーロンチェアの座り心地と付き合い方

ワーク用の椅子の中では、高いと評判のアーロンチェアですが、押しも押されぬハーマンミラーの代表的なベストセラー! 人気の理由や賢い使い方を実際に使用している管理人がお届けします。

決して安くないアーロンチェアを購入? その前に・・

   アーロンチェアハーマンミラー)は椅子の中では
   10万円以上するとても高価なものです・・

   インターネット上では・・・
   原価1万円のアーロンチェアが17万円とか揶揄した
   記事も見かけられます。

   しかし・・消費者としては残念に感じますが
   物の製造原価は10分の1以下のものが沢山あります。
   
   特に・・サイズのあるもの大量生産されない
   家具や事務用品の原価はとてもお安くなっています。

   なぜ分かるのって?  はい! 管理人は元流通の
   お仕事で貿易や工場回りをしていたからです。
   
   
   ですから・・
   
   アーロンチェアの原価が特別に安いわけではありません。


   そうはいっても高額なチェアなので、
   価格に見合う価値があるかどうかが問題ですよね。


   私の場合ですが・・

   仕事上の「投資」として考えました。


   椅子(チェア)に座る時間の長い作業を
   しているので、腰痛持ちの私にはアーロンチェア
   必要不可欠だったんです。

   
   以前は、国産で5万円前後のチェアを買い替えて
   いましたが、連続作業を可能にしてくれたのは
   アーロンチェアが初めてです。


   今は連続8時間でも平気ですが、
   以前は2時間も持たず大幅な作業効率の
   アップと集中ができるようになりました。

      
       もちろん個人差もあると思いますが。
   感覚的には「倍近く」集中できてますね・・


   仕事の「踏ん張り」が効くという表現が
   ぴったりかもしれません。
   


   つまり・・
   作業効率への「投資」として考えた場合
   値段以上の価値があるので納得できます。


   でも買う前は・・
   ここまでは、確信してませんでしたが ^_^;


       

 

   ところで・・

 
   腰痛歴の長い私ですが、実は弱視で遠視
   というハンディがあり、この部分でも大変
   アーロンチェアの「ある機能」に助かっています。



   「ある機能」というのは・・


   アーロンチェアの前傾チルト機能なんですが
   購入前はそんな機能なんて「不要」でしょ”
   と思ってたくらいです・・




   

  f:id:mitsuru-5995:20150404210420j:plain







       ところが・・

   視力の悪い私は、知らず知らずにPCの画面に
   顔が近づく場合が多くあり、その際に
   しっかりと腰をサポートしてくれるんです。


   前傾姿勢は、集中している時に多いのですが
   身体と椅子にすき間がなく包み込まれたまま
   自然体でいられるのでとても楽なんですよ。


   つまり・・
   
   多少不自然な姿勢をとってもアーロンチェアが 
   それに合わせてくれるんです。


   腰痛持ちで、視力にハンディのある
   私にとって、アーロンチェアは・・
   
   
   仕事上の「投資」として
   健康上の「投資」として
   

   充分に見合うものがありました・・結果論ですが。w


   投資した分は回収して、それ以上のものがないと
   満足できませんからね。


    
   次回は・・
  
   健康面とアーロンチェアの関係について
   体験した事を中心に書いてみます♪